専業主婦でも即日キャッシングは出来る

専業主婦でも即日キャッシングは出来る



専業主婦の人が即日キャッシングをする際に、知っておいて欲しいのが総量規制です。2010年から完全施行されている貸金業法の一部で、お金を借りることは出来るのは年収の3分の1までと定められています。

この総量規制により、収入がない専業主婦はキャッシングは利用することが出来ないと思う人が多いのではないでしょうか。ですが例外的に利用できる場合があります。専業主婦の人が即日キャッシングを利用する際には、配偶者の同意が得ることが可能なら、配偶者貸付でお金を借りられます。

配偶者貸付というのは総量規制の例外措置で、配偶者の収入を合算し3分の1まで借りることが出来るというモノです。要するに自分の収入がなくても配偶者の収入の3分の1まで融資してもらえます。

ですが、配偶者貸付をする為には配偶者の同意書、年収を確認できる書類、婚姻関係が分かる書類を用意しなくてはいけません。さらに配偶者貸付のサービスを行なっている業者はあまり多くはないと言えますし、大手消費者金融では、配偶者貸付のサービスは提供していません。

配偶者の同意を得ることが出来ない場合は、銀行カードローンがオススメです。銀行カードローンはなぜ専業主婦の人でもお金を借りることが可能なのかと言えば、銀行カードローンは総量規制の対象にならないからです。

総量規制の対象となるのは貸金業者で銀行は銀行法の対象なので年収の3分の1までといった規定は銀行では適応されません。だからその銀行の融資の条件をクリアしていれば、専業主婦の人でもお金を借りることが出来ます。

ですが銀行カードローンでも、本人に安定した収入がある場合を条件にしている会社があるので、その点はきちんと確認した上で審査の申し込みをするようにしましょう。

本人に収入のない専業主婦の人でも申し込みが可能で、即日キャッシングを行なっている大手銀行は、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック、やみずほ銀行カードローンなどがあります。

キャッシングとカードローンの相違点を理解しておきましょう

手持ちのお金がなくて、急遽お金が必要になった際に、お金を借りることが出来るサービスがキャッシングとカードローンだと言えます。とても便利なサービスですが、当然借りたお金は返す必要があります。

金融業者に借りたお金は利息がつくので、借りた金額よりも多くお金を返済しなくてはなりません。借り方、返済方法をしっかりと理解しておかないと少ししかお金を借りていないにも関わらず、利息を沢山支払う羽目になってしまいます。

出来るだけ支払い額を抑えて賢く利用する為には、キャッシングとカードローンの相違点を理解した上で、どちらを選んだ方が自分には得なのか、返済がしやすいのかを知っておくことが重要です。

キャッシングとカードローンの最大の相違点は返済方法と言えます。キャッシングは通常は一括払いを行い、カードローンは分割払いが基本です。

なので、給料日がきたら返済が出来る金額の場合、一括払いの方が利息を抑えることが出来、得な場合はキャッシングがオススメです。そして金額が大きく一括払いが出来ないといった場合は、分割払いのカードローンの方がオススメと言えます。

分割払いだと毎月の支払い金額が少なくて済み、毎月の負担を減らし無理なく返済をすることが出来るのがカードローンの分割払いの利点と言えます。

借りた金額が大きい場合は分割にすれば返済しすいと言えますが、大きな金額を借りて分割の支払いで少しづつ返済するので、返済完了までの期間は長くかかります。

そして返済完了までの期間が長いと、利息がその分かかるので、一括払いと比較し同じ金額を借りた場合でも、利息分の金額が多いと言えます。だから、支払う総額が多い点がカードローンのデメリットと言えます。

カードローンを利用する場合は毎月支払うことが出来る金額、出来るだけ利息を抑える為に返済期間を短くするにはどうしたらいいのか綿密な計画を立てなくてはいけません。

カードローンとキャッシングの両方にメリットとデメリットが存在するので、どちらか片方だけ利用するのではなくその都度どちらがいいか検討し使い分けるようにしましょう。事前に審査を受けて利用枠を用意しておけば必要な時に利用することが可能です。

キャッシングする時に必要な事

キャッシングをする時に必要なことが幾つかあります。まずは、借りようとしている本人が仕事をしていることです。収入がないと基本的には借りることは出来ません。

主婦の方は違いますが、旦那さんに収入がある事が前提です。毎月決まった収入がなければ基本的にはお金を借り事は出来ないのです。お金を貸す側になればわかると思いますが、収入がないのにお金を貸すことはとんでもない冒険に近いのです。

キャッシングをしたいと思っている人は、働いてから申し込みに行くのが賢明です。キャッシングは利息もかかってきますので、なるべく早く完済することをお勧めします。

住宅金利のように安い金利ではないので、長く借りていればそれだけ利息を多く支払うことになります。利息を払う事がもったいないと思わない人はいないはずです。

でも、キャッシングを仕方がなくしている人は、返済計画を自分なりに立ててキャシングをしてください。お金を借りても返す計画がなければ、ずるずると借りっぱなしになってしまう事が多いです。

上手に借りることで、キャッシングはとても便利なツールになる事でしょう。それと、借りるうえで覚えておいてほしいことがあります。基本的には、年収の3分の1しかお金を借りれないと言う事です。

他に所有する資産などがあれば別ですが、300万円の年収の方は100万円までしか借りることが出来ません。例えば、年収が500万円ある方が150万円までキャッシングをしているとします。

急にお金が必要になったので、他の金融会社からお金を借りようと思っても借りれないのです。年収の3分の一の150万円をすでに借りていますので、どこに行ってもお金を貸してはくれないでしょう。

この事は、知っておいて損はないはずです。自分の年収と相談してお金を借りることがベストです。キャッシングの審査には、支払いが遅れていないかもかかわってきます。

年収の3分の一以下でお金を借りていても、毎月の支払いが遅れているとこれもまたお金お借りることは難しいです。金融会社は情報を共有していますので、返済が遅れている方にお金を貸すのは難しいことだと思います。

毎月、遅れなく返済してくれる人の方が金融会社にとってみれば上客なのです。皆さんもお金を借りる時には、このことを頭に入れおいてほしいです。

キャッシング審査におちるのはリボ払いが原因

キャッシングの審査に落ちた事はありませんか。総量規制まで余裕があるのに、もしくはキャッシングの借入を行っていないのに落ちてしまう人もいるようです。

そういった方はクレジットカードのリボ払いが影響しているのかもしれません。キャッシングの審査におけるリボ払いの影響についてお話しします。

1.大手消費者金融でさえ新規の審査通過率は40パーセント台

消費者金融といえば、法律で禁止されていないならお金を貸してくれるイメージがありますよね。実はそうでもなく、大手消費者金融でさえキャッシングの新規審査通過率は40パーセント台(プロミスは40パーセント前半、アコム、アイフルは40パーセント後半)といった低い審査通過率になっています。

あれだけCMを打っている大手消費者金融が、新規で不良客しか審査に来ないとは思えませんので、消費者金融業界は法律以上の厳格な審査基準を設けている様に見えます。

2.リボ払いの返済に行き詰まった人が大手消費者金融に申込んでいる

クレジットカードの延滞件数は大手信用情報機関CICの数字を見ると、2012年から大きく増加しています(2012年3月313万件→2016年3月483万件)。

2012年頃といいますと、クレジットカード会社がキャッシングに変わる新たな収益源として、リボ払いに注力を始めた時期と被っています。

リボ払いで返済額に上限が付く代わりに返済期間がアヤフヤになり、気付いた時には返済に行き詰まり、消費者金融に流れても融資が出来ないといった状態になっている様です。

3.ショッピングも今後は総量規制の対象にする流れは出るか

現在の消費者金融会社の状況を見ていると、貸金業法改正で随分と真面目に、過剰貸付を行わない様になってきています。実際、大手消費者金融の新規審査通過率が40パーセント台ですから、如何に注意深く顧客の返済能力を吟味しているかわかります。

一方でクレジットカード会社はリボ払いをアピールしたり、ポイントや商品付与で射幸性を煽ったりと、過剰貸付気味に行われています。

クレジットカードのリボ払いや分割払いは割賦販売法が適用され、総量規制の様な規制がない事で制御が効かず、野放図になっているのが現在の憂うべき状況の様です。リボ払いも分割払いも借金ですので、今後は法律を統合して、新たな総量規制を考える時代が来るかもしれません。

いかがでしたか。審査に落ちた人は返済力を上回る借入を行っています。審査に落ちた時は無理をせず、現在の自分の債務内容を確認して、しかるべき返済方法を考えましょう。

↑ PAGE TOP